i'm doing some research on myself in my life. 日常と千葉ロッテマリーンズと。
by MYSLF_LAB
Top
2011年 11月 20日 |
FC2ブログへ引越しします。

大した理由ではないんですが、エキサイトブログでは何か制限が多くて。。
というただそれだけです。

http://myslflab999.blog.fc2.com/
[PR]
# by myslf_lab | 2011-11-20 22:44 | talk to myself |
2011年 11月 19日 |
特に買い換える理由も無いのでかれこれ5年程は使い続けている第1世代iPod nano。
なんとバッテリー問題でリコールです。
過熱を起こし使用ができなくなったり変形したりする可能性があるそうです。

僕の使っているiPodは今のところそういった症状は見られませんでしたが、無料交換してくれるらしいので、それならと手続きをしてみました。

Webからの手続きは非常に楽です。
既にApple IDを持っていれば、あとはシリアルナンバーを入力するだけです。
手持ちのiPodの発送についても、梱包して宅配便で送るという行為を自分でやる必要はありません。
そのWeb手続きの際に「引き取り日時」を指定するだけで業者が取りに来てくれるのです。
昨日の晩に手続きを行って、今日には業者が来て既に僕のiPodを持っていきました。

新品が届くのか引き上げ中古品が届くのかは不明ですが、この5年くらい使ってるiPod nanoとはお別れです。
e0201223_21315354.jpg


[PR]
# by MYSLF_LAB | 2011-11-19 21:31 | talk to myself |
2011年 11月 18日 |
正直、今まで清武氏の事を勘違いしていた部分があったかも知れません。
今回の件で少しは見直したと言えるでしょう。

清武氏が巨人軍のブランドに泥を塗ったと言われていますが、その後の桃井やナベツネ、さらには長島のコメントが巨人軍の実態を如実に表しています。
つまり清武氏に対する処分こそが巨人軍(というか読売)の独裁ぶりを世に広く晒してしまったわけです。
というよりも、むしろそれを露呈させる事で清武フォロワーを鎮圧させる事が目的だったのでしょうか。

清武氏は正しくありたかったのでしょう。巨人軍に対してもプロ野球に対しても。
「プロ野球の私物化」。この言葉を巨人内部から公の場で発言があるなんて見事としか言いようがありません。

一応断っておきますが、私はただのマリーンズファンです。
ジャイアンツについてはよくわかりません。
ただ報道を見た上での素人のいちコメントです。
[PR]
2011年 11月 18日 |
なんと巨人の大村、つまりサブローがFA行使を検討しているようです。
「せっかくの権利。野球選手は試合に出ることで価値があると思うし色んな評価を聞いてみたいのはある。」
んー。。このコメントを聞くかぎり結構ホンキじゃないですか。。。

僕らが真っ先に考えるのはマリーンズへの復帰。
ただ、たくさん試合に出るというのが条件となるとマリーンズではちょっと違和感を感じてしまうのも事実です。
今のマリーンズ外野陣ではサブローの出場機会はそう多くはないでしょうし、長打力で勝負する打者でもありませんから今のチーム事情を考えればDHでのフル出場もちょっと厳しいでしょう。
となると結果的にサブローの試合に出たいという希望と現時点のマリーンズにおける補強ポイントとは合致していないわけです。

しかし、やはり彼はマリーンズの象徴。
そして現フロントは就任会見で生え抜きを取り戻す宣言をしてます。
それを思えば、まさかとは思いますがありえないないとも言い切れません。。
そうです。いちファンとしては心のどこかでワクワクしている部分が確実にあります。
ただ、現実的な部分を考えて今はまだ冷静でいるようにしなければなりませんね。
[PR]
2011年 11月 16日 |
三条への出張が決まった時に、現地の担当者にこうメールをしておきました。
「お昼はラーメンでお願いします。おいしいところを案内してください。」

燕三条系ラーメンと言えば、きしめんのような太麺に背脂チャッチャ系。
その元祖らしく、燕三条系ラーメンの中では"超"が付く程の有名店「杭州飯店」に連れて行ってもらいました。

このエリアはもともと町工場への出前が多かった為に、伸びにくい太麺と冷めにくい背脂スープという組み合わせになり、それが燕三条系ラーメンのルーツとなったようです。

煮干背脂豚骨のスープは最高でした。上品な味のスープに玉ねぎが乗っているのがいいアクセント。
見た目のインパクトとは裏腹に、誰からも愛されそうなラーメンですね。
e0201223_1704843.jpg


e0201223_1704852.jpg


[PR]
# by MYSLF_LAB | 2011-11-16 23:59 | food menu |
2011年 11月 14日 |
秋の夜長の暇つぶしにやり始めたドラゴンクエスト123はあっさりクリアしてしまいましたが、ここまで来ると止まらなくなってしまうのが僕の性格。
古本を買う為に立ち寄った近所のブックオフでドラゴンクエスト5が500円で売っていたので、小説1冊を諦めてこちらを買ってしまいました。
4を飛ばしてしまったのが気になりますが、まずは5をクリアしてしまいましょう。

まさかこの歳になってこんなにゲームをやることになるとは。。。
e0201223_23464665.jpg


[PR]
# by MYSLF_LAB | 2011-11-14 23:46 | daily event |
2011年 11月 13日 |
リビングで聴く音楽は基本的にアンプに繋いだiPodをソースとしています。
もちろんオーディオマニアの人からすれば音質の問題を指摘されるでしょうがこればっかりは便利なんだからしょうがない。
そもそもPCで音楽を管理するようになってからCDプレーヤーなんかどこかにいってしまいましたし。。。

ただCDに関してはいとも簡単にPCに取り込めるのでいいのですがレコードとなると簡単にはいきません。
レコードは非常に手間が掛かるのです。
まず、オーディオインターフェース(※僕はMbox2を使っています)にレコードプレーヤーを繋いでProToolsなんかで録音する。
もちろん録音している最中は丸々その1曲が終わるまで待たなければなりませんし、さらに録音後には空白やレベルなどの波形調整をしなければなりません。
1曲だけならまだしも、山のようにあるレコードを全てPCに取り込むなんて砂場の砂の数を数えるようなもの。
一生掛けてもやりたくありませんね。
結果、やはりレコードはレコードのままで聴く以外にはないという事になります。

さて、それをリビングで実現させる為にどうするか。
まずは自分の部屋にあるSL-1200 Mk5(ターンテーブル)を1台持ってきてアンプに繋いでみました。
ところが、んー。。すげー音が小さい。。。他のソースに比べて出力が非常に小さいのでしょう。

アンプの設定でなんとかなるのでしょうが英語ばかりのアンプの取説を読む気になれず他の方法を考えます。
その方法とは、ある程度出力のあるレコードプレーヤーを使えばいいというなんとも素人的な考え。
使うのはヘッドフォン出力のあるコロムビアのGP-3B。
ポータブルレコードプレーヤーとして有名ですよね。うちにも1台ありました。
これならヘッドフォン端子から3.5mmステレオ→RCA変換ケーブルを使ってアンプに繋ぐ事ができます。
思惑通り、ヘッドフォン出力をMAXにすると見事な音量でスピーカーから音が出ました。

「CDと違い、レコードの方が音の厚みがあり暖かさがある。」
僕はこんな事を言うオーディオマニアではありませんが、レコード独特のトレースノイズなんかは風情があって悪くないと思っています。
ただ、レコードを換える為にソファを立つ回数がハンパないのが難点ですね。
e0201223_21494898.jpg


[PR]
# by MYSLF_LAB | 2011-11-13 21:49 | music life |
2011年 11月 12日 |
あるテーマに沿った映画を借りて一気に見る、これを「映画合宿」と呼んでいます。
学生の頃からやっているのですが、当時は平日含め時間が余っていたので2~3日通して行われ体力的にも精神的にも非常に消耗するハードな取り組みです。
「合宿」のネーミングもそんなところから付けられました。

会社に勤めるようになってからも不定期で実施していますが、家に引き篭もり映画を見続けるという行為は同じでも週末の限られた時間で行うのでそんなにハードではありません。

今回のテーマは「東野圭吾原作の作品」。
特に好きな作家というわけではないのですが、前にも言ったように僕はやっぱりどこかミーハーなんですね。
世間的に大人気作家と言われる人の作品に触れておくのも悪くないかなと、その世間の流れからはちょっとだけ乗り遅れ気味でそういう気分になったりします。

借りたのは6枚。もちろん東野圭吾原作のものは他にも沢山ありますが、家の近くの小さなTSUTAYAでは限界があったようです。

 ・秘密
 ・g@me(原作:ゲームの名は誘拐)
 ・手紙
 ・容疑者Xの献身
 ・ガリレオ1(原作:探偵ガリレオ「燃える」、「離脱る」)
 ・ガリレオ2(原作:予知夢「騒霊ぐ」、探偵ガリレオ「壊死る」)

どれも原作は小説で読んでいますが、もちろん今までの経験から原作とのギャップに失望するという事はわかりきっています。
それは今回も例外ではなさそうです。
ただ、僕の創造範囲を遥かに超えたのが容疑者Xの献身の堤真一。
頭に思い描く映像とは真逆のキャスティングだったにも関わらず奇跡のようなハマリ役。
ラストシーンには僕には珍しく鳥肌が立ちました。素晴らしかった。

さて、今公開中の「夜明けの街で」も映画館にまで足を運ぶ程の期待はできませんのでDVDレンタル待ちですね。
e0201223_19401215.jpg


※瓶割れ事故で自主回収している「眠眠打破」で眠気を吹き飛ばします。
[PR]
# by MYSLF_LAB | 2011-11-12 19:40 | daily event |
2011年 11月 11日 |
一週間おつかれさま。
そんな気持ちで金曜の夜にラーメン屋に足を運ぶ。これが「金曜らーめん」。

さて、今週は「めん王」というお店。
ボリュームたっぷりで安いというのが特徴ですか。
僕がお店に入ったのは22時くらいでしたが、お客さんは少し入ってるようでした。
沼南のお店ですがこのエリアでこの時間までやっているのはありがたいんでしょうね。
e0201223_21231123.jpg


看板商品の味噌ラーメンにバタートッピングです。
e0201223_21231195.jpg


[PR]
# by MYSLF_LAB | 2011-11-11 23:59 | food menu |
2011年 11月 11日 |
2011年11月11日11時11分11秒、この歴史的な1並びの瞬間にゴールデンルーキーが誕生。
マリーンズは藤岡が契約書にサインする時間を秒単位までこだわったらしいですね。
もちろん背番号は「18」に決定。伊良部、直行と背負ってきたエースナンバーが2年ぶりに復活です。

彼は外見的にも人間的にもマリーンズに合っていると思いますし、ファンから愛される選手になるでしょう。
偉大なエースに成長してもらいたいものです。楽しみです。
e0201223_13592092.jpg


※画像はインターネットより
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon